トップイメージ
ローンの支払い方式というものは、クレジットカード会社それぞれでだいぶ相違があり、多様な方法が選択されてます。基本的なところでは残高スライド法やリボルディング払い方式などが取り入れられているようです。斯うした誰しもが聞いたことがあるリボ払いでも本当のことを言えば計算に多くの手法というものがあるのです。それでさよう方式によって支払合計額が違ってしまいますから、理解していて損をするようなことはないでしょう。そうしたら易しく2つのメソッドのへだたりについてを説明しましょう。最初は元金均等払いで、二つめは元利均等払いというものです。両者はそう呼ばれているように元本に関してを均分に支払っていくのと元金と利息についてを一緒にして均一に払っていく様式になります。今回はもしも10万円借り入れたというふうに実際いかような算出をするかみてみます。利回りを双方とも15%として考えます。リボルディング払などの支払は1万円と設定して算定します。ともかく元金均等払いのほうからいきましょう。このようなケースの1回目の支払いに関しては1万円に対して金利分の1250円を加算した引き落とし額となります。2回目の支払については1万円へ金利の1125円を加算した返済額になるのです。こういったふうにして全部で10回で返済を終えるといった方法です。これに対して元利均等払いははじめの返済は1万円ですが元本へ8750円利率へ1250円といった具合に分配します。2回目の支払いは元本が8750円に減った状態で利率を算出しその1万円を更に割り振りをします。つまり、元利均等払いの場合では10回で返済が完了しないといった勘定になったりします。こればかりのへだたりで双方がいかに相異なっているか十分にご理解頂けたことでしょう。元利均等とは元金均等と比肩して、明瞭に元が減少するのが遅いという難点といったものが存在したりします。則ち利率というものを余計に払うというような状態になるわけです。一方で、1回目の支払いが小さな金額で済むといったメリットも存在したりするのです。かような支払方式に関してのずれに連動して、引き落し総額というのは異なってきたりしますのであなたの計画に合う計画を採用するようにしてください。

リンク

Copyright © 1998 www.garnnet.com All Rights Reserved.